My Policy Lab

自分なりの政治参加のスタイルを考えよう

政治をもっと身近に。未来づくりに当事者意識を。
My Policy Labのアプローチは、「○○×政治」。
馴染みあるテーマを掛け合わせ、政治を身近に感じられる場をつくっていきます。

About

Posted on 01 7月 2012 0 comments

政治(まつりごと)をワタクシゴトへ

私たち若者の持つ、政治への敷居の高さや、手触り感のなさ、タニンゴト認識は、政治への不参加や選挙での投票率の低さにつながっています。これは、次世代への政策実現を難しくし、却って私たち若者世代の将来を危うくします。

私たちMy Policy Labは、そんな私たち若者自身の政治への当事者意識(ワタクシゴト)を喚起し、自分なりの政治参加のスタイルを考える機会を作ります。次世代への政策の充実と、それにより若者の政治参加の好循環を生み出したい、これがMy Policy Labの目指す姿です。

ふ~ん、お!、よし!

私たちMPLでは、 「FOYプロセス」(ふ~ん、お!、よし!)で若者の政治参加を促します。

「ふ~ん」:なんでもまずは知ることから。「政治」と自分の関わりは?自分のできることは?を考えます。

「お!」:続いて自分の考えを持つこと。自分なりの判断基準を持ち、 意見を持てるようになることに取り組みます。

「よし!」:そして、行動すること。判断軸を持って選択をし、例えば投票や意見の発信、ひいては立候補など、自分なりの政治参加を促進します。

「○○×政治」

現在のMPLは特に、「ふ~ん」に興味を当て、私たちの興味の持ちやすいテーマと政治をかけあわせたトークイベントを開催しています。過去の具体的な取り組みはActivityをご参照ください。


Leave a Reply